人気ブログランキング |
Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
 
 

1966年東京生まれ。おとめ座。 佐伯チズ・チャモロジースクール・プロフェッショナルコースを第1期生として卒業。現在ビューティアドバイザー、エステティシャンとして奮闘中。 >Translation to English
 
2006年 11月 05日 ( 1 )
29日(日) パリ オルセー美術館へ
とうとう最終日。今日の夜19時分の便で日本に帰国です。
ニースから戻って3泊目のパリは、サン・ルイ島にあるジュ・ドゥ・ポーム(Jeu de Paume)というホテルに泊まりました。
パリの中心地にあるホテルらしく間口は狭いのですが、通路のような玄関を入ると奥の方には大きな吹き抜けが広がっている不思議なつくりです。隣のシテ島にあるノートルダム寺院まで歩いていける距離で、とても便利でした。
25日にパリに降り立ってからニースまで、ずっとお天気に恵まれていましたが、最終日の29日、パリは朝から雨が降っていました。しっとりした雨のパリもいいねぇといいながら、ノートルダム寺院へ。
a0091095_13475338.jpg


日曜日だからミサをやっているかしらと近づいていくと、大きな中継車が何台も。ミサの様子をテレビで放映していました。
a0091095_13484739.jpg


たくさんの人をかきわけて中に入ると、厳かな雰囲気の中で、女性が天にも届くような澄んだ声でミサ曲を歌っており、彼女が歌い始めると鳥肌が立つという不思議な感覚を味わいました。
ノートルダム寺院から、傘を差したり、閉じたりしながらセーヌ川沿いをゆっくり歩いてオルセー美術館へ。美術館の前には、かなり長い行列があり、一瞬、あきらめようかと気がひるみましたが、とりあえず並んでみようということになりました。2,30分で入れたので、思ったほどではなかったです。
a0091095_1349186.jpg


オルセー美術館には、印象派の名作が数多くある美術館で、特にルノワールの家に行ったばかりだった私たちは、とても親近感を持ってルノワールの絵に見入りました。

学生時代、西洋美術史が好きで、よく勉強していたのですが、ほとんど忘れてしまっていて、帰ったらもう一度勉強して、再び来ようと思いながら鑑賞しました。
by imadataka | 2006-11-05 13:58 | 旅行、お散歩 | Trackback | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
紅塵渡口的緣分 上..
by 曾宪梓 at 17:47
他,有着黃種人特有的皮膚..
by zxxzx at 15:11
現在的我愈加迷茫、愈加看..
by 黎玥玥 at 12:39
我無權 抵押。赤血..
by 黎玥玥 at 15:07
在永年縣,活躍著一群鄉土..
by 睖 at 17:51
シアリスは日本での承認は..
by シアリス at 19:08
Cialisシアリス20..
by シアリス at 18:59
http://chayu..
by yy at 15:54
http://dfjav..
by yy at 12:57
http://vimax..
by obat pembesar penis at 13:00
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧